モバイルフレンドリー2

「集客において「モバイルフレンドリー対応は急務です」 と前回お伝えしました

広告代理店等から「モバイルフレンドリー対策しませんか」 とDMや営業電話がかかって来たこと有りませんか

未対策でしたらその方法には二通りあります

1、レスポンシブルWebデザインで作る

2、新たにスマホ専用サイトを用意する

レスポンシブルWebデザイン

今はレスポンシブルWebデザインという一つのサイトで PCにもスマホにも対応したWeb構成があります

PC用サイトがスマホで見たときに文字は読みやすい大きさのまま 文章も自動に段落し画像も移動します 、訂正や更新も一つのサイトで完了します とても便利ですよね

新たにスマホ専用サイトを用意

もう一つはPCサイトはそのまま、新たにスマホ専用サイトを作ります

検索した時にまずPCサイトがヒットしますが、PCサイトのソースの中に 「スマホからの流入はスマホサイトを表示させる」と記述が有る為 問題なくスマートフォンで見やすいサイトが表示されるのです

どちらがいいのか

Web制作会社や広告代理で対策を依頼するときに レスポンシブルWebデザインを勧めてきたら要注意です

  確かにレスポンシブルWebデザインはスマホで見やすいです

しかし、売れるとか問合せが来るとかは別です

売れるサイトでは無い事を認識しておきましょう それはPCを閲覧する人とスマホで何か検索する人では 心理、意識が違います

PCは悩みの解決法、調べたい事をじっくり読みたい

スマホはすぐに解決したい、予約したい、行動したい 潜在的な行動が全くといっていいほど違います

あなたのサイトが会社案内的なもので、そこから物が 売れなくても構わない、会社の内容が見やすく伝わればいい のでしたらレスポンシブルWebデザインはベストです

しかしスマホサイトからの流入で、売上げを伸ばしたい 予約して欲しい、こんなビジネスをしているのでしたら スマホ専用サイトを作るべきです

スマホは色んな事を調べられるとても便利な端末ですが その前に電話である事を忘れてはなりません

スマホであなたのお店を検索した時に、分かりやすい キャッチコピー、説明文、目を引く画像、そして合い間、合い間に 電話のボタンを配置、 そのボタンをタップすればそのまま 電話できる、

この流れはスマホ専用に構成されたサイトには かないません

なので飲食店、サロン、士業、水漏れ、トイレの故障、家の補修、 鍵のサービス他電話で注文が入る可能性があるビジネスは スマホサイトが 向いています

何度も言いますが 「検索したらそのまま電話ができる」PCサイトとスマホサイトの最大の違いはここなのです。