広告は顧客と心理的駆け引き

あなたはただ漠然と売りたい商品を載せただけの 広告をだしていませんか、またはお客様(見込み客)と接していませんか 、そのつもりは無くても結果的にそういった広告に なっているかも知れません

次のように広告をとらえてみましょう

・広告とはコミニュケーションの一部

・セールスは広告の一部

・説得はセールスの一部

・そして心理的駆け引きの一部である

どれも前者は後者の一部で、全ては心理的 駆け引きに通じているのです

例えば あなたは車を売りたい しかし購入の意思決定をお客様自身に ゆだねるのではなくて お客様に代わってあなたが意思決定をする

これが説得と言う事です

その為に綿密なコミニュケーションが必要 になってくることは分かりますよね

あなたの広告やお客様との接し方を効果的に する為に、まず心理的駆け引きを研究してみましょう

1、人が何を求めているか

2、人は自分の求めている物をどう思っているのか

3、なぜ、人はそうゆう行動をとるのか これが分かれば、

次の事が可能になります

1、お客様を満足させる方法がさらにわかる

2、より多くの人に物を買いたいと思わせる事ができる

3、良質な製品をより多くのひとの元へ届けられる

4、人々の生活により多くの満足感をもたらす 手助けができる

どうでしょうか?

あなたが売りたい商品が良質な物で、どこの物 より優れているまたは利用してもらったら、必ず満足してもらえる サービスである

飲食業だったら メニューのバリエーションも豊富で味も自信がある のでしたら必ずいくらかの成果は出るはずです

次の広告を出す時この「心理的駆け引き」 よく考えてみませんか 広告を作る事が楽しくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です