はじめよう、正しいHPの運用

綺麗なだけじゃ集客に繋がらない

お金をかけた豪華なホームページなのに問い合わせが無い、どこをどうすればいいのか、多くのホームページオーナー様はこんな悩みをかかえています。

HP制作業者に頼めば確かに綺麗なホームページが出来上がってきます

しかしHP制作会社はHPを制作する会社であって、売上げをアップさせる会社ではないんですよね

まずお客様はWebディレクターと内容、構成の打ち合わせをし、ホームページの形を決めて行きます、Webディレクターは会社に戻りWebデザイナーにお客様はこんなHPが希望ですよ・・

と打ち合わせをし、Webデザイナーがデザインを制作します

そのデザインを基にコーダーがコーディングし具体的な形にしていきます

そして形だけは素晴らしく綺麗なホームページの完成です

でもこの流れの途中に、商品を売るための、文章制作(コピーライティング)が有りませんよね、ほとんどのHP制作会社はこんな流れです

HPに訪れたお客様に興味を持ってもらう為のキャッチコピーやお客様の悩みに寄り添い、その悩みの解決法を示した文章が必要なのにその部分はないがしろにし、とにかく綺麗さの完成度の高いHPを作ろうと努力します

もちろんキャッチコピーや本文中のコピーは書かれていますがどれも在り来たりのタイトルだったり、当たり障りのない文章で埋め尽くされています。

この事に気が付かないお店のオーナー様、HP制作会社がとても多いのです

HP制作会社を選ぶポイントとして、社内に専属のコピーライターがいるのか

または外注先に、専属のコピーライターを何人か抱えているのか・・・

売れるホームページを作るときのポイントです。

HP制作会社との打ち合わせの時、もっとも重要視しなければならないのはコピーライティングの部分です

なぜならHPを開いたお客様は美しい構成のHPを見て商品を買うのでは無く、文章を読んで理解し、納得し、決断して買う行動をするのですから。