広告の方法、何が適しているか。

どの広告がうまくいくのか

あなたのお店、会社は順調に新規のお客様を獲得して

売上げを伸ばしていますか?

自信をもって「はい」答えることができるオーナー様をごくわずか

だと思います

ほとんどんどのお店のオーナーや社長様は

「もっと売上をのばしたい」 「もっと新規のお客様に来てもらいたい」

と毎日試行錯誤しながら頑張っています

しかし、思うような成果に結びつかない、なにをやっても効果が

出ないと感じています

折り込みチラシ、ポステイング、フリーペーパー、雑誌の広告欄、

ホームページ、DM、FAXDM、電話アポなど、みんながやって

いそうなものは一通りやったけどうまく行ってなのではない

でしょうか

特に近隣にライバル店が多い場合は、どこも同じようなチラシや

広告になっていませんか

そうすると少しでも自分の店に来てもらうために、価格を下げる、

よそはまた更に下げるというマイナスのスパイラルに入り込ん

でいき、ますます売上、利益が下がる事になります。

チラシやホームページが悪い訳ではありません。

Webサイトでの宣伝が主流となっている現在、チラシは

時代遅れでは?と考えがちですが、決して紙のチラシは効果が

でないわけではありません、チラシに書いてある内容が問題

なのです、脳科学では紙媒体の文字はデジタル文字よりも重く受け

止めやすく、記憶に残りやすい傾向にあります

反面PCやスマホのようなデジタル広告は見た人の複数の

感覚を刺激し、驚かせたり、インタラクテイブなやり取りを

したりと脳に働きかける可能性を多く秘めています、

ですので、地域性や商品、サービスの性質を考え適した

広告方法を考える必要があるのです。

他店と同じにならない広告作りのヒント

とくにライバル店、似たような店が多い場合、どうしても価格が

気になってしまうでしょう

しかしお客様は似たような店が多いので、「別にどこでもいいや、

同じだ」と思っています、そこでお客様は「何を望んでいるのか」

「何を悩んでいるのか」 「何が欲しのか」を調査しそれをあなたの

店の売りにし、そのサービスを広告の全面に出せば、その広告を

見たお客様は、あなたの店に問い合わせをし、来店してくれるの

です、ただ今までのように商品を陳列しただけだったり、サービスを

並べただけのチラシでは、何の特徴もインパクトもなく、素通りして

ゴミ箱へポイです

ほんの少しお客様の立場になって考える、視点をこちら側からでは

なく、お客様側考えてみて広告を作る必要があるのです。

もしかしたら、他店を出し抜いてお客様が殺到するかも知れません

参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

無駄にしないホームページの活用

せっかく高い費用をかけて作ったホームページ、全く機能してない、全然集客に結びつかない、ほとんどのホームページオーナーはこんな悩みを持っています、あなただけではありません、どこをどんな風にすればいいのか、どんな施策が必要なのか、あなたと一体になって一つひとつ解決していきます。